最近、MBAの取得を考える方が増えてきています。MBAではビジネスで必要なノウハウが取得できることになります。世界に通用するスキルをもつ、グローバルな人材になれる最大の武器になります。そんなMBAを国内で取得すると海外での取得より費用を抑えることができます。

海外でのMBAは

仕事を辞め、2年から3年留学し、現地での生活をしながら取得することになります。費用は約2000千万はかかります。それまでの準備などの費用を考えると高額なお金が必要になってきます。

国内ではどうか?

国内での取得は海外留学での生活費がかからないことや、仕事を続けながら学べるスクールもあり海外留学での取得より、かなり費用を抑えることが可能になってきます。

国内での費用は?

MBAを取得できるスクールも増えていて、スクールによっては差がありますが、約200万円から500万円で取得ができます。これは入学料と授業料になりますのでその前の準備のための費用は別途かかることになります。しかし、海外での取得ほどの費用はかかりません。

さらに費用を抑えての取得方法がある

MBAの取得方法で一番費用がかからない方法があります。それは通信制の取得方法になります。この方法はスクールに通う必要もなく自分の決めた時間や、空き時間を利用して学習することができます。忙しい方でMBAの取得を考えている方にとってはとてもいい方法になります。

ポイントは・・・

費用だけを考えて取得できるようなものではないMBAになります。自分のレベルや仕事や生活のことをよく考え、どんな方法で取得をするかの計画性がとても重要です。MBA取得までにかかる費用は、必ず取り戻すことができます。かりに費用がかかったとしても、MBAでのノウハウを活かし思い通りに結果を残すこともまったく不可能ではありません。

関連する記事