以前とは世の中が変化してきていて、終身雇用というものが遠い昔のいい時代の時のことになっています。ずっと今の会社で安定な収入があって退職した時には、退職金があり、年金もあって引退した際の心配はほとんどありませんでした。ですが時代は変わって今では幻です。そんな中、転職や起業の準備のためにMBAを取ろうとする方が年々増えています。

いいものがモテた

高級車やブランドをもっていることが以前はステータスで、できる人のような感覚があります。お金をもっている人ができる人の時代から、お金を稼げる人ができる人になっています。MBAをもっているということはできる人になるのです。

賢い選択

これからの時代を生き抜くにはMBAの取得はとても賢い選択です。どんなビジネスにも通用する最強の武器になります。MBAをもっているということだけでも、大きなメリットがあります。一番に言えることは人脈が今以上に広がることです。人との繋がりが増える事でチャンスや収益も大きくなります。

なかなか難しい

かなりの今後のメリットが多く感じるMBAなのですが、高級車や高級のブランドもののようにお金をかければ手に入るというものではありません。それなりのスキルが必要です。英語力は絶対的なもので、そのほか、社会経験も必要になってきます。

いくらかかるのか?

約2000千万円がかかります。取得までのスクール代になりますが、スクールによって若干異なります。また、これとは別に、ある程度のスキルを身につけるまでに費用がかかることもあります。スクールに応募する前に、応募の対象になる項目を習得する費用になります。

これが今の時代です

MBAを取得するまでに、ストレートで2000千万円です。ある高級車を購入する金額と同じようなものです。維持費などを考えるとそんなに差は無く、今の時代に合っていて、これから間違いなくモテるのはMBAです。

関連する記事